Monday, January 24, 2011

~ JAPAN PREP PART 2 ~ 金沢 Kanazawa

Click to view a slideshow.

My first visit to the Hokuriku region (which faces on the Sea of Japan, bordered by the Japan Alps) was
Kanazawa City, of Ishikawa prefecture.  Kanazawa, the biggest city in the Hokuriku region is a castle
town that was ruled over by the Maeda family for three centuries after the first lord Toshiie Maeda
entered Kanazawa Castle in 1583.

The Kaga domain (加賀藩 Kaga han: includes current Kanazawa city as the capital), which was
founded by Maeda Toshiie, was powerful feudal domain.  Its income rating, over 1,000,000 koku, was
the highest in the nation, after the Tokugawa shogunate itself.

Since the Kaga Clan invited many artists and craftsmen to this area, it achieved a high level of
craftsmanship that continues to flourish to this day. Kanazawa is also famous for their special products
like rice, sake, sweets, etc., due to its temperate and rainy climate with heavy snow in winter.

We rented  a couple of bicycles for a day and toured around town during the day,  and then head West
for about 1 hour to Taihei Sushi (太平寿司), a sushi restaurant, that was recommended by our friend,
who is a Sake Sommelier in NYC.  It’s needless to say that the sushi was excellent, but I was really
entertained by the presentation of each sushi piece.  I felt like I was eating pieces of  craftwork.
The local sake we tried, Tengumai Yamahai (天狗舞の山廃仕込み)tasted pure and smooth. It was
the perfect compliment for the freshest meal (In fact most of the fish were still alive till we ate them) .
It even made our bike ride back more exciting.  We ended up getting back in town in 40 minutes, racing
a quiet road at night.

The picture above is a rice field near Taihei Sushi. It was well worth riding bicycle (ママチャリ) for
an hour to the suburb area of Kanazawa, since we’ve got to feel the vibe of what the real life is like
around the area.

初めての北陸旅行で訪れた街は金沢でした。五月の日本海は穏やかで、海の色はカリビアン
を思わせるようなエメラルドグリーン色なのには驚きでした。

加賀百万石の勢力を誇った前田家の城下町である金沢の町並みには、繁栄時の歴史の足跡
が街の各地に見られて、歩いていても自然と優美な気持ちになりました。街全体の美意識の
高さによるものでしょうか。また、観光客でごった返す京都や鎌倉などの古都に比べると
比較的静かで、全体的に落ち着いた印象でした。五月にしてはわりと日差しが強く、カラ
フルな日傘をさした女性の姿が印象に残りました。

ハイライトは自転車を一日レンタルして東茶屋街、各お寺などを巡った後、昼下がりに酒
きき師の友人のおすすめで太平寿司さんに一時間かけて自転車で一時間かけてうかがったこ
とでしょうか。太平寿司さんは金沢市内より西の郊外にあり、周りは田んぼで蛙の合唱が聞
こえてくるのどかなエリアでした。お寿司は新鮮でローカルでしか目にする事のできないネ
タを沢山出していただきました。一品一品が美しい細工者のようで、味覚と視覚の両方で楽
しませていただきました。お寿司と一緒にいただいた 天狗舞の山廃仕込みは、とてもスムー
ズで飲みやすく、お寿司には最高の組み合わせだったので沢山飲んでしまいました。おかげ
で帰りの自転車の旅は、もう夜で車も少なかった為、レースのように駆け抜けて40分くら
いで戻れました。

私にとっての旅行の醍醐味とは、やはりその街の華やかな表の顔と、地元の方の暮らしぶ
りをかいま見れるローカルなエリアにある裏の顔の両方を訪れる事と、そこの空気を吸って
食べ物を食べて、地元の人と会話を交わして、その街に住むって一体どんななんだろう、
と肌で感じられることでしょうか。